第60回 家族の時間

いつも美しいとは限らない我が家にお寺さんをお招きするには、まず、片付けなきゃ!です。
2日かがりの断捨離は疲れました(笑)
父からのお布施カンパにより、夫の17回忌も無事完了。お家もスッキリ。

夫が逝った直後は、みな健脚で坂上のお寺通いもしていたんですけどね。崖のような階段を上がって納骨堂にたどり着けるのも、未熟者の息子だけになっちゃいました。
だから、ウーバー法要をお願いしたしだいです。

自宅以外の場所は混乱する母も、お寺より娘の家の方がよかろうと。
お寺での行動は予測不可能。まあ、家なら…「ふくちゃん、どこやー」と愛しの娘婿を泣かんばかりに探すぐらい。でも、ほんまに事起きると、やっぱりそう来たかーと息子も父もそっと横を向く始末。男はあかんねー。私も誰もいない時にこれをやられたらメンタルぐらぐら余力無し。

でも、ここ3か月ほど彼女の特性を少し研究。記憶が遠のく分、感情が豊かになると考えると、母は今悲しんでいるだけだと結論付けられる。
ここはご指名をうけたちぃーちゃんが付き合おう。悲しみはごまかすしかないのだ。「えっふくちゃんトイレにおらんかったか」といっしょにお家探検。「押し入れかー」「もーちなつええ加減なこと言うて。ふくちゃんは…」「そうや。おらんねん。婆ちゃんもわかってるねんな」涙目の母を椅子に落ち着かせる。

そこからはワンコがずっと母の膝に。あんた、ほんまにええこや。そんなワンコを叩いたらあかんわー。婆ちゃん。
犬は自分の身が安全な時は、その場の一番悲しい人に寄り添う。そうじゃない時は一番強い人のそばにいると聞いたことがある。
いつも耳にしないご住職のお勤めの間はずっと息子の膝の上にいたもの。
昼食後、久しく聞いてなかったお経を耳にして、早苗婆ちゃんはこっくらこんと気持ちよさげにしておりました。
婆ちゃんの大演説も始まることなく、住職がぴしっと終わりを閉め
「みなさん、それぞれに相棒(私にはワンコ 息子にはお嫁ちゃん)ができたようで、安堵しました。お父さんもどうぞ長生きしてくださいませ。お母さんはどうぞそのまま」と席を立つ。

この後の意外な展開。予測不可能だったのはじいちゃんでした。スマホで囲碁を楽しんでいるのは知っていたけど。まさか、孫と孫嫁からレクチャーをうけ、スマホで3人打ち麻雀大会が我が家にて繰り広げられようとは。
93歳の父が28歳の孫嫁と本気勝負。ロン!。ツーショットを思わずカメラに収めました。父のこの顔だけで17回忌してよかったー。って17回忌の写真この一枚だけやん(笑)

「爺ちゃん、楽しそうな顔して…帰ったら婆ちゃんに怒られへんか?」帰り際、孫から小声で問われ「忘れとる」と、さらりっ。
我が家の玄関が人で渋滞したのは何年ぶりだろう。リビングからみんなが去った玄関を眺めると、普段は感じない一人の寂しさが沸き立つ。が、次の瞬間、ワンコが畳の上で大量おしっこ?!
いつもお仏壇近くにあるトイレシートを移動させていたから、叱るわけにもいかない。あんたも我慢してたんな。
数日前には、しんどそうな声で法要の終了時間を聞いていたクソガキも、大人の男を演じ祖父母の送迎もし、母を気遣う様子もみせてくれました。やればできるやん。幼稚園児からの飛び級。あははは。

「ご家族さんが増えるのは賑やかでええことです。明広(夫)さんもお悦びかと」住職の言葉が心に落ちる。

 

第59回『夫婦喧嘩は犬も食わず』(2024年5月17日)
第58回『夫の17回忌を考えていたら…』
(2024年5月2日)
第57回『押しロス〜の「姑デビュー」』
(2024年3月20日)
第56回『押しロス』
(2024年2月7日)
第55回『冬との遭遇』
(2023年12月27日)
第54回『未知との遭遇』
(2023年12月20日)
第53回『いっしょに行こうよ』
(2023年11月14日)
第52回『ひつまぶし食いてぇー』
(2023年9月29日)
第51回『61歳からの手習い』
(2023年8月17日)
第50回『私、おひとりですが、ひとりっきりではございません』

(2023年7月14日)
第49回『腹黒娘のほんね』
(2023年5月3日)
第48回『猛毒婆さんにご注意あれ!? 後編』
(2023年4月6日)
第47回『猛毒婆さんにご注意あれ!? 前編』
(2023年3月29日)
第46回『バレンタインに愛を語りチョコを送ろう』
(2023年2月24日)
第45回『おひとりさま節分の巻』
(2023年2月15日)
第44回『年の初めに頑張ってみたこと』
(2023年1月25日)
第43回『ルッキズム イズ マネー 後編』
(2023年1月1日)

2022年

第42回『ルッキズム イズ マネー (・・? 前編』
(2022年12月14日)
第41回『60歳になるとできないこと その2』
(2022年10月21日)
第40回『60歳になるとできないこと その1』
(2022年10月12日)
第39回『逃げるは、いっときの〇〇』
(2022年8月25日)
第38回『白黒のワンピース』
(2022年7月29日)
第37回『赤いワンピース』
(2022年7月7日)
第36回『続 おっちゃんのこと』
(2022年5月29日)
第35回『おっちゃんのこと』
(2022年5月4日)
第34回『風が吹けば桶屋が儲かる』
(2022年3月26日)

第33回『わがまま婆さんと意地悪おばさん 後編』
(2022年3月10日)
第32回『わがまま婆さんと意地悪おばさん 前編』
(2022年3月3日)
第31回『募金活動のなぞ その2』
(2022年2月13日)
第30回『女の子って…』
(2022年1月26日)
第29回『新年のご挨拶』
(2022年1月7日)

2021年

第28回『募金活動のなぞ その1』(2021年12月6日)
第27回『感動ポルノって? その2』
(2021年11月18日)
第26回 感動ポルノって? その1
(2021年10月29日)
第25回 働き方改革って?(2021年10月15日)
第24回 台所論争(2021年9月24日)
第23回 私、めっちゃ欲張りでして…(2021年8月27日) 
第22回 「福本さん」と呼ばれた場所(2021年8月12日)
第21回 働くご縁がございました。(2021年7月26日)
第20回 働かない人生からの…(2021年7月8日)
第19回 専業主婦というお仕事 その4 私たち、こうして育てられました
(2021年6月15日)
第18回 専業主婦というお仕事 その3 こうして母になりました
(2021年5月31日)
第17回 専業主婦というお仕事 その2 こうして福本千夏になりました
(2021年5月11日)
第16回 専業主婦というお仕事 その1 永久就職ではない
(2021年4月27日)
第15回 ロミオとジュリエット(2021年4月13日)
第14回 乙女の経験8 ○○家を継ぐ子を産んでくれさえすれば
(2021年3月28日)
第13回 乙女の経験7 そこに愛はあるんかぃ?(2021年3月11日)
第12回 乙女の経験6 福祉女子から障害女子に 変身トォーッ (@_@)
(2021年3月1日)
第11回 乙女の経験5 鏡越しのオチンチン(2021年2月13日)
第10回 乙女の経験4 社会福祉ってなんやねん(・・?
(2021年2月3日)
第9回 乙女の経験3 女らしい字とは何ぞや(・・?(2021年1月19日)
第8回 乙女の経験2 カイロと痴漢(2021年1月5日)
第7回 ファーストキスもラストキスもご用心あれ(2020年11月30日)
第6回 母と暮らせば その3(2020年11月16日
第5回 母と暮せば その2(2020年11月2日)
第4回 母と暮せば(2020年10月15日)
第3回 悲しみごとも よろこび事(2020年10月1日)
第2回 この夏は(2020年9月14日)
第1回 初めまして(2020年8月28日)

*****
福本千夏の本

障害マストゴーオン!
イースト・プレス

結婚、子育てと平凡で幸せに暮らしていたが、夫が癌になり死別する。絶望の中、主婦業を捨て就職するが・・・。
息子をはじめ、たくさんの人たちに支えられ、葛藤し、見つけた希望は・・・!?
脳性まひ者・福本千夏が挑む、革命的エッセイ! 

『千夏ちゃんが行く』
飛鳥新社

福本千夏さんの初めての本。
処女作とは思えないクオリティに編集さんが驚いたとか。
泣いて、笑って、恋をして。
一途、前向きに突っ走る!
清冽な生き方が胸を打つ、なにわのオカン、再生の物語。


 

HOME